日経メディカルのロゴ画像

循環器・糖尿病診療
のNew Stage

米コレステロール新ガイドライン、リスク評価能は向上
潜在的な動脈硬化進行例に対するスタチン適格率も高まる

2015/08/10
佐古 絵理=メディカルライター

 2013年に発表された米国心臓病学会/米国心臓協会(ACC/AHA)による新しいコレステロール治療ガイドライン(以下、2013 ACC/AHA)は、それまで使われていた2004年改訂発表のNational Cholesterol Education Program-Adult Treatment Panel IIIガイドライン(以下、NCEP-ATP III)に比べて、一次予防集団におけるスタチン投与適格者の検出能に優れているという研究結果が、JAMA誌7月14日号に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ