日経メディカルのロゴ画像

循環器・糖尿病診療
のNew Stage

Lancet誌から
GLP-1受容体作動薬と基礎インスリン併用は有用

2014/12/08
佐古絵理=メディカルライター

 グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬と基礎インスリンの併用によって、2型糖尿病患者では低血糖のリスク増加や体重増を伴うことなく良好な血糖コントロールが得られるという。カナダ・トロント大学などの研究グループによるシステマティック・レビューとメタ解析の結果で、論文は9月12日にLancet誌オンライン版に公開された。

この記事を読んでいる人におすすめ