日経メディカルのロゴ画像

24時間とろみチャレンジ、やってみませんか

2021/07/27
吉松 由貴(飯塚病院呼吸器内科)

 水分にとろみをつけるよう患者さんにお願いすると、嫌がられることがよくあります。「肺炎を起こさないために必要だから」と、説得に苦労されたことがあるのではないでしょうか。この連載では、なるべく不要なとろみは中止する心掛けも重要なことを紹介しました(関連記事「反射的に「とろみ水」を使っていませんか?」)。今一度、読み返してみてください。

 では、とろみ水は実際のところ、どれほど苦痛なのでしょうか。これは、経験してみるのが一番だと私は思います。緩和ケア医を目指していた学生のころ、恩師に言われた印象的な言葉があります。

(イラスト:Yurika Hirano)

著者プロフィール

吉松 由貴(よしまつ ゆき)氏。大阪大学卒。淀川キリスト教病院での初期研修、同院呼吸器内科での後期研修を経て、現職は飯塚病院呼吸器内科勤務。現職の間、浜松市リハビリテーション病院、聖隷浜松病院で摂食嚥下に関して国内留学。日本摂食嚥下リハビリテーション学会評議員。バルセロナ自治大学嚥下障害修士課程を卒業。兵庫医科大学 研究生(生理学講座、生体機能部門)。Twitterは@yukiy0105。

連載の紹介

吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
誤嚥性肺炎は、すんなりと治る病気ではありません。繰り返したり、命に関わることも多いのです。そんな誤嚥性肺炎の診療に、若手医師が日々どのような姿勢で挑んでいるのかを具体例を交えながらつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ