ストレス状態が一定期間続くと、過敏性腸症候群(IBS)を発症することがあるとされます。例えば、IBSと「abuse(虐待)」に関連があることが、米国を中心に90年代からいわれるようになりました。虐待を受けている子どもが、小学校入学ごろからIBSの症状を示すこともあるため、保護者や教育関係者などの周囲の大人がIBSと虐待に関する知識を持っていることは重要です。

腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいことの画像

ログインして全文を読む