日経メディカルのロゴ画像

82歳女性、発熱と嘔吐。既往は多関節炎、高血圧、鉄欠乏性貧血
10剤以上服用中の患者で生じた発熱の原因は?

2016/09/29
山中克郎(諏訪中央病院総合診療科)

チーフレジデントの水間悟氏先生

 水間悟氏(みずまさとし)先生がこの9月からチーフレジデントになった。チーフレジデントは専攻医3年目(卒後5年目)の中から選ばれる。水間先生は長野赤十字病院で初期研修をした後、2014年から諏訪中央病院で家庭医療研修をしている。チーフレジデントには、若手医師をまとめ勉強会を企画する強いリーダーシップが必要だ。いつも陽気に振る舞い、同僚から大きな信頼を得ているので彼は適任である。水間先生がこんな患者さんを紹介してくれた。

著者プロフィール

山中克郎(諏訪中央病院院長補佐)●やまなか かつお氏。1985年名古屋大卒。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)一般内科、名古屋医療センター総合診療科、藤田保健衛生大学救急総合内科などを経て、2014年12月から現職。

連載の紹介

山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」
総合診療医として唯一やり残したと感じる「地域医療」に取り組むため、諏訪中央病院に移った山中氏。「地域医療」や「地域での教育」によって日本の医療に貢献するという新たなチャレンジの日々を、八ヶ岳山麓で見つけた自然や人々との関わりとともに綴る。

この記事を読んでいる人におすすめ