日経メディカルのロゴ画像

露天風呂付き3000坪の自宅を持つ理由

2016/09/15
山中克郎(諏訪中央病院総合診療科)

 信州に移り住み2回目の秋が来た。病院に向かうあぜ道の両脇で育つ稲の穂が黄金色に輝き、重たそうに頭を下げている。

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ふとつぶやきたくなる。

著者プロフィール

山中克郎(諏訪中央病院院長補佐)●やまなか かつお氏。1985年名古屋大卒。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)一般内科、名古屋医療センター総合診療科、藤田保健衛生大学救急総合内科などを経て、2014年12月から現職。

連載の紹介

山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」
総合診療医として唯一やり残したと感じる「地域医療」に取り組むため、諏訪中央病院に移った山中氏。「地域医療」や「地域での教育」によって日本の医療に貢献するという新たなチャレンジの日々を、八ヶ岳山麓で見つけた自然や人々との関わりとともに綴る。

この記事を読んでいる人におすすめ