日経メディカルのロゴ画像

「PCRしなくていいんですか?」へのお返事

2020/04/30
薬師寺 泰匡(薬師寺慈恵病院)

 4月26日時点の岡山県の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者数は22人です。多くが県外からの持ち込み症例で、僕が居住する総社市に限ればCOVID-19患者さんはゼロです。PCR検査は約1000人に行われており、大雑把に見て陽性率は2%です。この後は、以上の前提を踏まえてお読みください。かなり地域差が生じており、逼迫した中で医療を続けている皆様の前で恐縮です。

 最近、保健所を通して患者さんが紹介されるケースが増えてきました。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染を疑っているけれども、濃厚接触者でもないし、国外、さらには県外にすら行っていない。そういう状況なので、「まず一旦診察してほしい」というお願いです。ウイルス性上気道炎を疑う、ちょっと鑑別に難渋するようなものから、明らかに細菌性肺炎であろうという患者さんまで様々ですが、診断の後に患者さんからこう言われることがあります。

 「PCRはしなくていいんですか?」

 しなくていいんですかと言われたら、川平慈英のモノマネをする博多華丸師匠よろしく、「いいんです!」と言って差し上げたいところです。

 近頃、世間の話題は「コロナ」一色です。しかし、当地で疑いが濃厚な人を寄せ集めて検査しても、陽性率は2%なのです。検査で陰性だった98%の方々についても、COVID-19ではなさそうだからといって、その他の鑑別診断をないがしろにはできませんし、どんなに特異度の高いPCR検査といえども、偽陰性・偽陽性が問題になってきます。PCR検査はとても疑わしい時に、偽陰性の場合まで想定して行うのでなければむしろ危険というのが個人的な考えです。

著者プロフィール

薬師寺泰匡(薬師寺慈恵病院)●やくしじひろまさ氏。富山大学卒。岸和田徳洲会病院(岸徳)での初期研修を経て救急医療の面白さに目覚め、福岡徳洲会病院ERで年間1万件を超える救急車の対応に勤しむ。2013年から岸徳の救命救急センターで集中治療にも触れ、2020年からいきなり管理職。地方二次救急病院で診療しながら、岡山大学の高度救命救急センターでますます救急にのめり込んでいる。

連載の紹介

薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
ER×ICUで1人盛り上がる救急医。愉快な仲間達と日本一明るい救命センターを目指して日々奮闘し、「ER診療の楽しさ」の伝承にも力を入れています。出会った患者のエピソードや面白かったエビデンス、ERを離れた救急医の日常までを綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ