日経メディカルのロゴ画像

ダニ咬傷! 除去と治療はこうしよう

2019/11/21
薬師寺 泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)
ダニ咬傷! 除去と治療はこうしようの画像

 茨城県で先日、マダニ媒介感染症による死亡者が出たというニュースが流れました。かまれた後、手足に発疹が出て、高熱が出現して、死に至ったということです。原因は日本紅斑熱と考えられており、茨城県内でマダニが媒介する感染症で死者が出たのは初めてということで話題になりました。日本紅斑熱に加え、ライム病や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)など、ダニにかまれたときには除去方法も含めて考えなくてはならないことがあります。今回はダニに注目します。

著者プロフィール

薬師寺泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)●やくしじひろまさ氏。富山大学卒。岸和田徳洲会病院での初期研修を経て救急医療の面白さに目覚め、福岡徳洲会病院ERで年間1万件を超える救急車の対応に勤しむ。2013年から現職。

連載の紹介

薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
ER×ICUで1人盛り上がる救急医。愉快な仲間達と日本一明るい救命センターを目指して日々奮闘し、「ER診療の楽しさ」の伝承にも力を入れています。出会った患者のエピソードや面白かったエビデンス、ERを離れた救急医の日常までを綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ