日経メディカルのロゴ画像

もう創傷処置に困らない! バイブル日本語版が登場

2019/10/31
薬師寺 泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)
もう創傷処置に困らない! バイブル日本語版が登場の画像

 創部をどのように処置するかというのは、意外と悩ましい問題です。おそらく体系化して教わる機会が少ないというのが大きな原因となっていると思われます。道具の使い方や、基本的な運針などは外科研修で学べるかもしれませんが、手術時の創のように創面がきれいではなかったり、ガタガタになっていたり、3角形のフラップやY字型の創みたいに特殊な形をしていたり、異物が混入しているかもしれないんです。

著者プロフィール

薬師寺泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)●やくしじひろまさ氏。富山大学卒。岸和田徳洲会病院での初期研修を経て救急医療の面白さに目覚め、福岡徳洲会病院ERで年間1万件を超える救急車の対応に勤しむ。2013年から現職。

連載の紹介

薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
ER×ICUで1人盛り上がる救急医。愉快な仲間達と日本一明るい救命センターを目指して日々奮闘し、「ER診療の楽しさ」の伝承にも力を入れています。出会った患者のエピソードや面白かったエビデンス、ERを離れた救急医の日常までを綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ