厚生労働省が、9月26日に全国の公立病院と公的病院のうち、患者が少なかったり、周辺地域に似たような病院があったりするなどの理由から、再編や統合などを議論すべきだと判断した病院を公表しました(関連記事:再編統合の再検証を要請する424病院を公表)。再編しろとも、統合しろとも言っていないのですが、それぞれの医療圏の知事には思うところがいろいろあったようです。山口県知事は「地域ごとに最適な形をさらに議論していきたい」と述べています。鳥取県知事は「福祉と結びつくなど様々な病院のあり方があるのに、それを捨象している。生きる権利を地方から奪うのか」と批判的です。

自転車操業!?公立病院再編を促すリストの画像

ログインして全文を読む