先日、ちょっと気になるニュースを目にしました。厚生労働省研究班の薬物乱用実態調査によると、2018年に薬物依存で精神科の治療を受けた10歳代患者の4割以上が、市販の鎮咳薬やかぜ薬などを乱用していたということです。2014年の時点では確認されていなかった事象のようで、近年広がりを見せているということです。

10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険!の画像

ログインして全文を読む