救急医療では、産婦人科との連携が欠かせません。腹痛で訪れた女性が、実はもう産まれます状態でそのまま分娩に……とか、交通外傷で搬送された女性が妊娠されており、事故後からお腹が張っています……とか、下腹部痛で訪れた女性に超音波をしてみたら、腹水が出ていて卵巣が大きかった……とか、乱暴な性交渉をされて性器出血が続いている……とか。すぐに呼び出すか翌日紹介するかタイミングは分かれますが、様々な場面で産婦人科医に協力を求めることがあります。そんな折、近医の産婦人科から相談を受けました。

妊婦さん悶絶!? そんなときはあの漢方!の画像

ログインして全文を読む