お盆ですね。サンスクリッド語のウランバナ由来の盂蘭盆会、略してお盆。盆の上に精霊、祖先の霊に対する供物をしていたところ、盆という言葉がそのまま霊を意味するようになり、盆さんが帰ってくるとかいう言い方になりました。

 先祖の墓参りなどをしに、みなさま地元に帰省されたりしているのではないかと思います(台風でえらいことになりそうな予感がしておりますが)。救急は盆も正月もないので、先祖は帰ってきても僕は帰りません……。まぁそんなもんです。

僕なりの弔い方と線香の香りの画像

ログインして全文を読む