ER診療と産婦人科は切り離しては語れません。子宮外妊娠や、その他気づかれていない妊娠(時には墜落分娩)。妊婦の交通事故、膣裂傷、過多月経に伴う貧血。卵巣出血に卵巣捻転、珍しいところだと卵巣奇形腫に合併した辺縁系脳炎(抗NMDA受容体抗体脳炎)など、夜間帯に何らかの症状を呈したり、外傷による損傷を負ったりして受診されることは少なくありません。超緊急で産婦人科医に協力を仰いだり、ERでやれることをやっておいて翌日産婦人科外来に行ってもらったりと、対応は様々ですが、院内の産婦人科医と仲良くなっておくと診療がスムーズになります。

オンライン診療による緊急避妊薬処方、救急医の視点の画像

ログインして全文を読む