昨年から、岸和田医師会看護専門学校で講義をしております。担当科目は解剖総論と、神経・筋骨格系の解剖。なんで僕が解剖なんだと思わないこともないですが(解剖の研究を突っ込んでしたこともありませんし……)、せっかくなら楽しい講義を提供したいと、毎回頑張っております。看護学校の学生さんのほとんどは、この間まで高校生だった人たちです。突然異世界に足を踏み入れてしまうので、戸惑いも多いことと思います。医学の常識にいかに馴染むかというのは、最初の講義を担当する自分にかかっているのではないかと勝手にプレッシャーを感じています。

「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝わりますか?の画像

ログインして全文を読む