日経メディカルのロゴ画像

「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝わりますか?

2019/04/18
薬師寺 泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)
「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝わりますか?の画像

 昨年から、岸和田医師会看護専門学校で講義をしております。担当科目は解剖総論と、神経・筋骨格系の解剖。なんで僕が解剖なんだと思わないこともないですが(解剖の研究を突っ込んでしたこともありませんし……)、せっかくなら楽しい講義を提供したいと、毎回頑張っております。看護学校の学生さんのほとんどは、この間まで高校生だった人たちです。突然異世界に足を踏み入れてしまうので、戸惑いも多いことと思います。医学の常識にいかに馴染むかというのは、最初の講義を担当する自分にかかっているのではないかと勝手にプレッシャーを感じています。

著者プロフィール

薬師寺泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)●やくしじひろまさ氏。富山大学卒。岸和田徳洲会病院での初期研修を経て救急医療の面白さに目覚め、福岡徳洲会病院ERで年間1万件を超える救急車の対応に勤しむ。2013年から現職。

連載の紹介

薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
ER×ICUで1人盛り上がる救急医。愉快な仲間達と日本一明るい救命センターを目指して日々奮闘し、「ER診療の楽しさ」の伝承にも力を入れています。出会った患者のエピソードや面白かったエビデンス、ERを離れた救急医の日常までを綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ