外傷初期診療ガイドラインのJATECコースでインストラクターをしていて、最近ちょっと時代の変遷を感じることがあります。気管挿管をするとき、マッキントッシュ型喉頭鏡を使ったことがないという研修医が増えているのです。近年、C-MACやマックグラスといったビデオ喉頭鏡が台頭しており、麻酔導入時にビデオ喉頭鏡のみを使用する施設も増えてきているようです。もはや普通の喉頭鏡は使用しないということで、直接喉頭鏡のことを「骨董鏡」などと揶揄することもあるんですって奥さん(誰だよ)。

マッキントッシュ型喉頭鏡はもう古い!?の画像

ログインして全文を読む