カール・ニールセンというデンマークの作曲家がいます。交響曲第4番「不滅(滅ぼし得ざるもの)」の他、アラジンの劇付随音楽が有名です。不滅をやろうよと以前誘われたのですが、仕事の折り合いがつかなくて乗ることができず残念な思いをしたことがあります。いつかは不滅をやりたいです!!

 さて、前回もお話しした結核ですが、こちらは滅したい感染症です。結核菌を鏡検するには、チール・ニールセン染色を行います。一文字違いなのです。研修医のころ、外来に結核を疑う患者さんが来た際、当時の内科の偉い先生(オーボエ吹き)から「不滅染色しとけ」と言われました。とっさのことだったので、何のことか分からずにいると、「アホ、カール・ニールセン染色や! 皆まで言わすな!!」と怒られたのは良い思い出です。

 今思い出しても不滅と結核は遠すぎるし、いくら僕がチェロを弾くからと言っても結核とカール・ニールセンは結びつかねーよと思います。やっぱり、まったく良い思い出ではないですね。

チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』の画像

ログインして全文を読む