日経メディカルのロゴ画像

「健康長寿」で社会保障のあり方は変わる
日医会長横倉氏ら5人が「社会保障改革の課題と限界」でシンポジウム

「健康長寿」で社会保障のあり方は変わるの画像

 元気な高齢者が増える今、社会保障制度は「支える側」「支えられる側」の定義から見直さなければならない。医療は発症・重症化予防により力を入れる必要があり、ビッグデータ、AI(人工知能)などが効率化や質の向上に貢献する――。
 日本医師会会長の横倉義武氏、厚生労働省医務技監の鈴木康裕氏、経済産業省政策統括調整官の江崎禎英氏、財務省主計局次長の宇波弘貴氏、医療法人鉄祐会理事長の武藤真祐氏らはシンポジウムで、今後の社会保障の方向性を語った。

連載の紹介

「クロスヘルスEXPO 2019」リポート
医療・介護関係者と周辺産業の交流によるヘルスケア産業の革新を目的に、日経BPが開催する新イベント「クロスヘルスEXPO 2019」。ヘルスケア分野の行政動向や、様々な製品・サービスに関する最新情報を得られる同EXPOの注目セッションをリポートします。

この記事を読んでいる人におすすめ