日経メディカルのロゴ画像

弘前COI、健診で糖尿病の1年後の発症を予測するモデルを構築

弘前COI、健診で糖尿病の1年後の発症を予測するモデルを構築の画像

 20種類の検査項目を用いることで、1年後の糖尿病の発症を8割以上の正答率で予測するモデルができつつある――。東京ビッグサイトで開催されている「クロスヘルスEXPO 2019」(主催:日経BP、10月9日から11日)のセミナー「人生100年時代の未来型ヘルスケアサービスの追求」で、弘前大学COI研究推進機構(健康未来イノベーションセンター) 教授の村下公一氏が明らかにした。

連載の紹介

「クロスヘルスEXPO 2019」リポート
医療・介護関係者と周辺産業の交流によるヘルスケア産業の革新を目的に、日経BPが開催する新イベント「クロスヘルスEXPO 2019」。ヘルスケア分野の行政動向や、様々な製品・サービスに関する最新情報を得られる同EXPOの注目セッションをリポートします。

この記事を読んでいる人におすすめ