日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザワクチン
小児の入院を減らすインフルエンザワクチン

2018/10/22
日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会
小児の入院を減らすインフルエンザワクチンの画像

 毎年、たくさんの患者が発生するインフルエンザ。残念ながら、インフルエンザワクチンによる感染予防効果は完全とは言えませんが、発症と重症化をある程度抑える効果は認められています。最近の国内報告では、小児にワクチンを接種するとA型の約6割、B型の約4割の発症を予防でき、また、入院をA型では約5割、B型で約3割減らすとされています。

連載の紹介

保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう!
日本小児科学会が一般保護者向け予防接種教育ツールとして作成した「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine Information Statement)を紹介します。予防接種に関する啓発に活用できるよう、最新の知見を分かりやすく解説しています。PDFをプリントアウトして活用ください。

この記事を読んでいる人におすすめ