ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染は、子宮頸癌や尖形コンジローマなどの原因となります。毎年約8500人の女性が子宮頸癌にかかり、約2500人が死亡しています。また、HPV感染は、子宮頸癌以外にも、膣、外陰部、肛門、咽頭などの癌のリスクを高め、男性の陰茎や肛門、咽頭癌の原因にもなります。

WHOも安全性を認めるHPVワクチンの画像

ログインして全文を読む