ジフテリアと破傷風に対する混合ワクチンです。11〜13歳未満に、1回0.1mLを接種します。乳幼児期に接種したワクチンの効果を持続させる目的で接種するワクチンです。ただし、二種混合ワクチンの接種率は70%前後と低いことが問題となっています。また接種後も、その効果は10〜25年といわれており、10年ごとの追加接種が望ましいとされています。

10年ごとの追加接種が望ましい二種混合の画像

ログインして全文を読む