日経メディカルのロゴ画像

日本脳炎ワクチン
蚊の媒介で広がり後遺症リスクもある日本脳炎

2018/10/01
日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会
蚊の媒介で広がり後遺症リスクもある日本脳炎の画像

 日本脳炎ウイルスにより生じる病気を予防するワクチンです。日本脳炎ウイルスは、ブタなどの動物の体の中で増え、コガタアカイエカの媒介で人間に感染します。ウイルスに感染した患者のほとんどは無症状か、症状がでてもかぜ症状ですが、100~1000人に1人が脳炎になり、脳炎を生じると命を落としたり、後遺症を生じる危険性が高い感染症です。

連載の紹介

保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう!
日本小児科学会が一般保護者向け予防接種教育ツールとして作成した「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine Information Statement)を紹介します。予防接種に関する啓発に活用できるよう、最新の知見を分かりやすく解説しています。PDFをプリントアウトして活用ください。

この記事を読んでいる人におすすめ