日本脳炎ウイルスにより生じる病気を予防するワクチンです。日本脳炎ウイルスは、ブタなどの動物の体の中で増え、コガタアカイエカの媒介で人間に感染します。ウイルスに感染した患者のほとんどは無症状か、症状がでてもかぜ症状ですが、100~1000人に1人が脳炎になり、脳炎を生じると命を落としたり、後遺症を生じる危険性が高い感染症です。

蚊の媒介で広がり後遺症リスクもある日本脳炎の画像

ログインして全文を読む