おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)の主な症状は発熱と唾液腺の腫れ・痛みで、軽い病気と思われがちです。しかし、おたふくかぜは、髄膜炎や脳炎、脳症、難聴、精巣炎、卵巣炎、膵炎など様々な合併症を生じ得る感染症です。妊婦が感染すると流産の危険性もあります。髄膜炎は、10~100人に1人、難聴は約1000人に1人割合で生じることが分かっています。

おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に の画像

ログインして全文を読む