2016年10月に、全ての乳児を対象に定期接種化されたB型肝炎ワクチン(HBVワクチン)。母子感染予防の目的で以前から使用されていたワクチンが、ようやく定期接種化されました。

 母子感染予防を目的にした場合と同様、定期接種での接種回数は3回と同じですが、接種スケジュールが少し違うので注意してください。定期接種の場合は、生後2カ月、生後3カ月、生後7~8カ月に接種します。母子感染予防の場合は、接種開始が早く、出生直後に1回目を接種します。

元祖、癌予防ワクチンを活用しようの画像

ログインして全文を読む