「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine Information Statement)。今回から、各ワクチンに関する情報を提供します。

 まずは、インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンについて紹介しましょう。これは、細菌性髄膜炎や急性喉頭蓋炎といった命にかかわる感染症を引き起こす、インフルエンザ菌b型を予防するワクチンです。Hibワクチンが定期接種化されたのは2013年ですが、2014年以降、重篤なHib感染症は1例も報告されていません。ワクチンによる予防効果の高さを示すものでしょう。

命に関わるHib感染症はワクチンで予防をの画像

ログインして全文を読む