短期間であっても、感染リスクが高い地域に渡航する場合はその感染症の予防接種が必要となります。また欧米の先進諸国など感染リスクが低い地域でも、家族の長期滞在に伴い現地の学校や幼稚園に入る際には指定のワクチン接種を済ませておくことが条件となります。そのため、渡航先の感染症状況や現地での生活を想定して、ワクチン接種を行う必要があります。

短期の海外旅行でもリスクに応じた予防接種をの画像

ログインして全文を読む