日経メディカルのロゴ画像

予防接種の副反応と有害事象
ワクチンによる副反応の頻度ってどれくらい?

2018/06/11
日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会
ワクチンによる副反応の頻度ってどれくらい?の画像

 ワクチンの接種により、体に免疫反応が生じ、それによって感染症の発生を防ぐ免疫ができます。このとき、免疫ができる以外の反応(例えば軽ければ、初年、注射部位の腫れ、重ければ脳炎・脳症など)が発生することがあり、これを副反応と呼びます。

連載の紹介

保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう!
日本小児科学会が一般保護者向け予防接種教育ツールとして作成した「知っておきたいわくちん情報」(日本版Vaccine Information Statement)を紹介します。予防接種に関する啓発に活用できるよう、最新の知見を分かりやすく解説しています。PDFをプリントアウトして活用ください。

この記事を読んでいる人におすすめ