高齢者によく見られる腰椎の圧迫骨折。コルセット着用による保存的治療と歩行訓練などのリハビリテーションを受けて退院した後も、引き続き「腰が痛い」と訴える患者は多い。こうした症例の大部分は、コルセットを長く着けていたことによる「廃用性筋力低下」や、背中の曲がりが強くなった(後弯増強)ために起きている腰痛と診断され、対症療法を受けている。

腰椎圧迫骨折後の腰痛が治らない原因は…の画像

ログインして全文を読む