今回は、宮城県・東北地域におけるネットワーク活動のアクションプランである(1)情報の共有化、(2)連携・協力、(3)支援、(4)人材育成・教育啓発、のなかで、“連携・協力”の実際とその成果について紹介したいと思います。

MRSA分離率が20%近くに抑制できている理由の画像

ログインして全文を読む