日経メディカルのロゴ画像

【連載第3回】
意識障害では重篤疾患の鑑別がカギ

2007/05/31

 高齢者で意識障害を来す疾患は多岐にわたる。プライマリケアでは、その中からクモ膜下出血をはじめ脳外科にコンサルテーションすべき疾患をいかに迅速に鑑別するかがカギとなる。意識障害を来す疾患を解説するとともに、鑑別の基礎を紹介する。

著者プロフィール

東京都老人医療センターは、1972年に開設された高齢者医療の専門病院。カンファレンスは研修医向けだが、そのほかの医師にも、専門外領域の知識の再確認・ブラッシュアップのために参加を呼びかけている。

連載の紹介

【臨床講座】主訴から学ぶ高齢者診療の要点
東京都老人医療センターの研修医向けカンファレンス「研修医クルズス」の2007年4月からのテーマは、「主訴から学ぶ高齢者診療の要点」。本連載では、カンファレンスの内容を再録します。

この記事を読んでいる人におすすめ