「アサヤマ先生、ちょっと、ワケありの方なんですけど、大丈夫でしょうか」──。呼吸器内科の医師が私の机までわざわざ来て、声を潜めた。

最後の言葉は、次の電車が来る前にの画像

ログインして全文を読む