日経メディカルのロゴ画像

コロナが広げるもう一つの医療者格差、ヒマな医師は何してる?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行して以来、医療者以外の知人や患者から繰り返し寄せられる質問で最も答えにくいのが「なんで医者によって言うことが違うの?」というものだ。

 「PCRは重症例だけに絞れ」と言う医師がいる一方で「無症状者にもPCRを」と言う医師がいる。「欧米に倣ってロックダウンが必要だ」とどこかの医師が主張すれば、「コロナはかぜとたいして変わらない」と正反対の意見を述べる医師もいる。「接触感染がメーン」と言う医者がいる一方で「空気感染が主だ」という考えの医者もいる。ワクチンについては推進派も反対派もいる。そして、最近ますます増えてきており、かつ返答に困るのが「医師はヒマなのか、人手不足なのかどっちなんだ?」というものだ。

 飲食店や小売業と同様、COVID-19の影響で医療機関も患者数が減少し、診療報酬(収入)が大幅に減った医療機関や、閉院を考えているところもあると言われている。こういった報道が行われれば「医師はヒマなんだ」と思われても仕方がないだろう。

 他方、COVID-19を診ている病院では病床が逼迫し、重症者が入院できないことが毎日のように報道されている。当然のことながら、そういった医療機関では医師のみならず看護師や他の医療スタッフも休息がとれず、長期間自宅に帰れない医療者も少なくない。また、一部の報道では人工呼吸器やECMOがあっても人員が不足しているせいで入院がかなわないと聞く。

 ヒマを持て余している医師がいる一方で、帰宅できずに疲弊している医師がいるのなら、「ヒマな医師が忙しい病院を手伝えに行けばいいんじゃないの?」という疑問が沸いてくるのは当然だろう。

 この疑問は最近になって浮上してきたのではなく、この一年間で何十回尋ねられたか分からない。僕がよく言うセリフは「ゴルフの選手(あるいは将棋の棋士)がサッカーがうまいわけではないでしょ」というもの。つまり、「同じ医療者でも専門分野が異なれば対応できない」と答えていた。

著者プロフィール

たにぐち やすし氏●1991年関西学院大学社会学部卒。商社勤務を経て、2002年大阪市立大学医学部卒。研修医終了後、タイのエイズ施設でのボランティアを経て大阪市立大学医学部総合診療センター所属となり、現在も同大非常勤講師。2007年に大阪・梅田に開業。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。労働衛生コンサルタント。

連載の紹介

谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
患者さんに最も近い立場で医療を行いたい……。それを実現するため医師6年目に資金300万円で開業した谷口氏。「どのような人でも、どのような症状でも受け入れる」をポリシーに過去11年で3万人以上の初診患者を診察した経験を基に、開業医のやりがいや苦労、開業医に求められるミッションを若手医師向けに語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ