日経メディカルのロゴ画像

新型コロナで患者激減、だから医療通訳は不要でいいのか?

2020/06/16
谷口 恭(太融寺町谷口医院)

 このコラムを開始するきっかけは僕が主催して開催した「関西の外国人医療を考える会」だった。「診察を拒否された」「たらいまわしにされた」といった外国人患者からの声が急激に増えており、また、太融寺町谷口医院(以下、谷口医院)から、病院に紹介したいと依頼しても却下されるケースが非常に多く、このままでは外国人がまともな医療を受けられなくなると考え、日本プライマリ・ケア連合学会でのセッションをきっかけにこの会を立ち上げたのだ。そして、それをPRさせてほしいと日経メディカルにお願いしたところ、「それなら連載を持ちませんか?」と言われたのが経緯だ。

 「関西の外国人医療を考える会」を始めたおかげで、大勢の医療者が外国人医療に関する悩みを抱えていることが分かり、医師以外の医療者、看護師、薬剤師、医療通訳の人たちや、さらに外国人医療に貢献したいと考えている学生とも意見交換をすることができたのは僕にとって収穫だった。この連載を読んで外国人医療に興味を持ったという人からもメールをいただき、これはとても嬉しい。これからも外国人医療の重要性・必要性を訴え続けていきたいと考えている。

 そんな外国人医療が大きな変化を迎えている。COVID-19の影響である。

 谷口医院は繁華街の近くに位置していることもあり、つい最近までは近隣のホテルからよく問い合わせがあった。「宿泊中の外国人が〇〇を訴えているから診てほしい」というものだ。谷口医院ではその患者(もしくは家族)が英語(か日本語)を話せば原則断らない方針だ。母国語が英語以外の外国人もたいていは英語がある程度はできる(少なくとも多少の読み書きはできる)ので、実際には断ったことは(ほぼ)ない。

 コンスタントにあったホテルからの依頼が3月以降皆無となり、また4月以降は海外からの旅行者を診る機会もほぼゼロとなった。日本在住の外国人はこれまで通り通院しているが、患者数は減少傾向だ。

著者プロフィール

たにぐち やすし氏●1991年関西学院大学社会学部卒。商社勤務を経て、2002年大阪市立大学医学部卒。研修医終了後、タイのエイズ施設でのボランティアを経て大阪市立大学医学部総合診療センター所属となり、現在も同大非常勤講師。2007年に大阪・梅田に開業。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。労働衛生コンサルタント。

連載の紹介

谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
患者さんに最も近い立場で医療を行いたい……。それを実現するため医師6年目に資金300万円で開業した谷口氏。「どのような人でも、どのような症状でも受け入れる」をポリシーに過去11年で3万人以上の初診患者を診察した経験を基に、開業医のやりがいや苦労、開業医に求められるミッションを若手医師向けに語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ