過去のコラムで述べたように、僕がGPを目指そうと思ったのは研修医の頃にボランティアで訪れたタイのエイズ施設で出会った欧米のGPに影響を受けたからだが、同時にそのときに経験したエイズという病がその後の人生に大きな影響を与えることになった。その施設で過ごした1週間で、エイズに伴う「不条理さ」に立ち向かっていこうと決意したのだ。

僧侶が“治療”?タイの薬物依存症対策の実態の画像

ログインして全文を読む