普通の人間の生活がしたい!!この言葉は当時50歳代で自らの命を絶った広島の産婦人科部長が残した遺書ともいえるメモの最後の部分で、日経メディカルで紹介されている。これを読んだ直後からこの言葉が僕の頭を支配して離れない。

医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟をの画像

ログインして全文を読む