タイでのボランティアから帰国し、母校の大阪市立大学の総合診療部の門を叩いた僕は、本格的なGPを目指し勉強を開始することにした。だが、予想通り、大学だけでは学びたいことの一部しかできないことをすぐに再認識した。そこで僕は大学の総合診療科の自分自身の外来を週に1回持たせてもらい、あと2日は半日ずつ総合診療科の他の先生の外来を見学し、それ以外の時間は他の診療所や病院に見学に行くこととした。

嗚呼、素晴らしき外来の画像

ログインして全文を読む