正月を返上し医師国家試験のラストスパートに突入していた2002年1月中旬のある日、自習室の机に置いていた携帯電話がブルブルと震えだし懐かしい名前が表示された。悪友のNだ。Nは僕が18歳のときにアルバイト先で知り合った同い年の友人で当時はよくつるんでいたが、医学部に入学してからはほとんど会っていなかった。

性感染症をGPが診るべきこれだけの理由の画像

ログインして全文を読む