日経メディカルのロゴ画像

中国腎移植後の診療拒否裁判で考える応召義務

2019/07/02
田邉昇(弁護医師、中村・平井・田邉法律事務所)
中国腎移植後の診療拒否裁判で考える応召義務の画像

 先日、医師の応召義務に関して興味深い判決が出された。

 中国で腎移植手術を受けた患者が帰国後、フォローアップ治療のために浜松医科大学医学部附属病院を受診した際に病院側が診療を拒否した事案で、患者が不法行為と債務不履行の双方で損害賠償請求を行った訴訟である。この判決が2018年12月14日に静岡地方裁判所で出された。さらに、2019年5月16日には東京高等裁判所で控訴審の判決も下された。

著者プロフィール

たなべ のぼる氏〇 1984年に名古屋大卒。都立駒込病院に勤務し、名古屋大学大学院で血液内科学を専攻する傍ら、救急医療、臨床腫瘍学などにも従事。旧厚生省などでの勤務を経て2001年に弁護士登録。診療を行う傍ら、医師の視点で弁護士として、非常勤裁判官として、医療訴訟を中心に多くの事件を担当。中村・平井・田邉法律事務所に所属。

連載の紹介

弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
話題の医療・医学に関連したニュースを、臨床医(総合内科専門医・血液専門医)でもあり、旧厚生省の勤務経験を持つ田邉昇氏が、法律家の立場で易しく解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ