医師の過労死をめぐる判決が、最近、地裁レベルで幾つか出されている。

 1つは、2014年12月に長崎みなとメディカルセンターの心臓血管内科に勤務していた当時33歳の男性医師が過労死したとされる件である。長崎地方裁判所は2019年5月27日、雇用者である地方独立行政法人長崎市立病院機構に対して約1億6700万円の賠償を命じた。

医師の過労死裁判と「働き方改革」の画像

ログインして全文を読む