「無給医」が2018年秋にNHKの番組で取り上げられ、話題になった。番組の中では特に、大学医学部の付属病院で働く医師の中に、診療業務を担当しながらも大学から給与を受けていない者が存在していることを問題視している。文部科学省は「そんな医師はいない」と白々しい嘘を言っていたが結局は調査することになったらしい。厚生労働省も「これは労働基準法違反だ」などと、これまた今初めて気が付いたようなことを言っている。

「無給医」は法律上、あり得ないのかの画像

ログインして全文を読む