日経メディカルのロゴ画像

「無給医」は法律上、あり得ないのか

2019/02/18
田邉昇(弁護医師、中村・平井・田邉法律事務所)
「無給医」は法律上、あり得ないのかの画像

 「無給医」が2018年秋にNHKの番組で取り上げられ、話題になった。番組の中では特に、大学医学部の付属病院で働く医師の中に、診療業務を担当しながらも大学から給与を受けていない者が存在していることを問題視している。文部科学省は「そんな医師はいない」と白々しい嘘を言っていたが結局は調査することになったらしい。厚生労働省も「これは労働基準法違反だ」などと、これまた今初めて気が付いたようなことを言っている。

著者プロフィール

たなべ のぼる氏〇 1984年に名古屋大卒。都立駒込病院に勤務し、名古屋大学大学院で血液内科学を専攻する傍ら、救急医療、臨床腫瘍学などにも従事。旧厚生省などでの勤務を経て2001年に弁護士登録。診療を行う傍ら、医師の視点で弁護士として、非常勤裁判官として、医療訴訟を中心に多くの事件を担当。中村・平井・田邉法律事務所に所属。

連載の紹介

弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
話題の医療・医学に関連したニュースを、臨床医(総合内科専門医・血液専門医)でもあり、旧厚生省の勤務経験を持つ田邉昇氏が、法律家の立場で易しく解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ