画像診断は本来、主治医が必要に応じて撮影指示を行い、自ら読影してその結果を診断や治療の参考とするものである。しかしながら、画像診断技術の進歩によって撮影で得られる情報が爆発的に増え、読影技術の専門化・高度化も相まって、主治医と画像診断専門医との分業が進められてきた。

偶発腫瘍を見逃したら法的責任を問われる?の画像

ログインして全文を読む