日経メディカルのロゴ画像

第5回 
インドメタシンのみが著効する頭痛とは

2014/04/16
竹島多賀夫(富永病院副院長)

 前回は、慢性群発頭痛の症例を紹介した。その中で、三叉神経自律神経性頭痛Trigeminal Autonomic CephalalgiaTAC)という概念が導入されたこと、TACの研究が盛んに行われたことで新しい頭痛も発見され、その成果から概念や分類もめまぐるしく変わってきていることなどを解説した。今回は群発頭痛以外のTACについて考えてみたい。

 TACをざっくりまとめると、三叉神経痛あるいは群発頭痛とするには違和感があるがこれらに類似の頭痛である。TACの概念が出てくるまでは、三叉神経痛様頭痛あるいは群発頭痛様頭痛と記述されていた頭痛の総称である。現在は、群発頭痛もTACのサブタイプの一つとして分類されている。表1はICHD-3β1)によるTACの一覧である。まずは、典型的なTACの患者を見てみよう。

著者プロフィール

竹島多賀夫(富永病院[大阪市浪速区]副院長)●たけしまたかお氏。1984年、鳥取大卒。鳥取大脳神経内科准教授を経て、2010年より富永病院神経内科部長・頭痛センター長。11年より副院長。日本頭痛学会理事などを務める。今やりたいことは「良質な頭痛医療を普及させること」。

連載の紹介

ケースで学ぶ頭痛診療 ~明日から役立つノウハウ~
頭痛診療では緊急性の高い二次性頭痛の鑑別が必須だが、そこに重きを置くあまり、一次性頭痛の診療をおろそかにしていないだろうか。頭痛診療の第一人者である竹島氏が、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に代表される一次性頭痛への適切な対処法を解説する。

この記事を読んでいる人におすすめ