日経メディカルのロゴ画像

患者別に血糖コントロール目標を設定する
高齢糖尿病患者の目標HbA1cを定めるポイント

2021/07/29
田原保宏(明舞中央病院糖尿病内科)

表1 高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(高齢者糖尿病の治療向上のための日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会)

 糖尿病の治療において最も重要なのは血糖値をできる限り正常化することですが、血糖値を正常化しようと薬剤を用いて過剰に血糖を引き下げると、今度は低血糖を引き起こす危険性が大きくなります。従って、血糖値を正常値に向かって強力に引き下げればよいのではなく、低血糖を発症させない適切なレベルに留めておくという配慮が必要になります。

 血糖コントロール目標は、一般の患者ではHbA1c<7.0%が標準的目標になりますが、高齢者の場合は表1のようになっています。この表の特徴は、ADLのレベルと使用する薬剤の種類によってコントロール目標を細かく設定していることです。この指針で、高齢者に対する治療目標の設定が簡明になりました。しかし、後述するように高齢者の場合は個人差が大きいので、コントロール目標を個別に設定することが求められます。今回は、このコントロール目標を個別に決めるという問題について考えてみたいと思います。

著者プロフィール

1967年東京大学工学部卒業、72年同大学院修了、72年~77年富士通研究所に勤務後、77年大阪大学医学部に編入。81年同卒業後、大阪大学老年科を経て1990年から明舞中央病院、2009年同院長。HbA1c、グリコアルブミンを中心に数学的手法を用いた糖尿病の臨床研究を展開。

連載の紹介

田原保宏の「数理糖尿病学」
HbA1cに関する多くの問題について数学的研究を進めたことから田原氏が創成したのが「数理糖尿病学」です。糖尿病に関するさまざまな課題を数理糖尿病学で解くとどうなるか、詳しく解説していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ