どのように病歴聴取を行えば、効率的に鑑別診断が進められるのか。湘南鎌倉総合病院総合内科が主催するオープンケースカンファレンスで、2人の医師が医師役と患者役とに分かれて行う勝負の行方をお送りします。登壇するのは米国でホスピタリストとして働く石山貴章氏とロンドン大学で英国式の医療を学んできた湘南鎌倉総合病院臨床教育部長のJoel Branch氏!

 2回目は1回目の症例に関する解説に続き、医師役と患者役とを交代。石山氏が医師役を務め、Branch氏から病歴聴取を進めていきます。今度は嗄声を訴える76歳の男性です。(19分4秒:2018年6月収録、肩書は当時

【動画】嗄声を訴える76歳男性~米国式外来診療の進め方の画像

ログインして全文を読む