日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、外用痔治療薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、64.2%の医師が大腸菌死菌・ヒドロコルチゾン(商品名:強力ポステリザン、ポステリザンF他)と回答した。

 第2位のジフルコルトロン吉草酸エステル・リドカイン(ネリプロクト他)は19.6%、第3位のトリベノシド・リドカイン(ボラザG)は10.0%の医師が

強力ポステリザンのシェア急増、17%アップの画像

ログインして全文を読む