日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、セフェム系抗菌薬のうち、最も処方頻度の高いものを聞いたところ、第1位はセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物(商品名フロモックス他)だった。医師の42.1%がセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物を挙げ、最も人気のあるセフェム系抗菌薬であることが分かった。

 第2位のセファクロル(ケフラール、L-ケフラール他)は15.7%、第3位のセフジトレン ピボキシル(メイアクトMS他)は14.4%、第4位のセフジニル(セフゾン他)は14.2%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

 第1回調査第2回調査を通じて、セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物の1位に変わりはないが、3回の調査を通じてセファクロルが徐々にシェアを伸ばし(10.1%→13.0%→15.7%)、順位もこれまでの4位から2位への急浮上した。セフジトレン ピボキシルとセフジニルは順位を落とした。

第1世代のセファクロルがシェア伸ばし2位浮上の画像

ログインして全文を読む