日経メディカルのロゴ画像

セフェム系抗菌薬◇第3回調査
第1世代のセファクロルがシェア伸ばし2位浮上
1位は変わらずセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物

2018/10/13

 日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、セフェム系抗菌薬のうち、最も処方頻度の高いものを聞いたところ、第1位はセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物(商品名フロモックス他)だった。医師の42.1%がセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物を挙げ、最も人気のあるセフェム系抗菌薬であることが分かった。

 第2位のセファクロル(ケフラール、L-ケフラール他)は15.7%、第3位のセフジトレン ピボキシル(メイアクトMS他)は14.4%、第4位のセフジニル(セフゾン他)は14.2%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

 第1回調査第2回調査を通じて、セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物の1位に変わりはないが、3回の調査を通じてセファクロルが徐々にシェアを伸ばし(10.1%→13.0%→15.7%)、順位もこれまでの4位から2位への急浮上した。セフジトレン ピボキシルとセフジニルは順位を落とした。

 自由記述形式で聞いた「処方する理由」によれば、経口第3世代セフェムはバイオアベイラビリティが低いことから敬遠され、代わって第1世代セフェムのセファクロルが選択されている可能性もありそうだ(下の別掲記事参照)。

連載の紹介

NMO処方サーベイ
NMO処方サーベイでは、日経メディカル Onlineの医師会員を対象に毎週実施している調査の結果を基に、全国の医師がどのような薬剤を最もよく処方しているのか、また、その理由をご紹介します。医師会員の先生方は、ぜひ調査にご参加の上、NMO処方サーベイの結果を日々の診療にお役立てください。

→医療・医薬関係者向け『日経メディカル処方薬事典』はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ