日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、抗不安薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、第1位はエチゾラム(商品名デパス他)だった。医師の58.7%がエチゾラムを挙げ、最も人気のある抗不安薬であることが分かった。第2位のアルプラゾラム(コンスタン、ソラナックス他)は10.0%、第3位のクロチアゼパム(リーゼ他)は8.2%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

 なお、エチゾラム、アルプラゾラム、クロチアゼパムというTOP3のラインナップは、第1回調査(2015年10月)第2回調査(2017年9月)から変わっておらず、そのシェアも目立った変化は見られなかった。

抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらずの画像

ログインして全文を読む