日経メディカルのロゴ画像

非定型抗精神病薬:アリピプラゾールのシェアが漸増
1位リスペリドン、2位クエチアピンは変わらず

2018/01/06

 日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、非定型抗精神病薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、45.3%の医師がリスペリドン経口薬(商品名リスパダール他)と回答した。第2位のクエチアピン(セロクエル他)は24.7%、第3位のアリピプラゾール(エビリファイ他)は15.4%、第4位のオランザピン(ジプレキサ)は10.7%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。

 グラフには示していないが、5位以下の薬剤とシェアは以下の通り。
・ブロナンセリン(ロナセン) 1.3%
・クエチアピン徐放錠(ビプレッソ) 0.7%
・ペロスピロン(ルーラン他) 0.5%
・クロザピン(クロザリル) 0.4%
・パリペリドン徐放錠(インヴェガ) 0.4%
・シクレスト(アセナピン) 0.4%
・パリペリドン(ゼプリオン) 0.2%

 なお、リスペリドン経口薬は、第1回調査第2回調査でもシェアはトップだったが、そのシェアは57.0%→52.7%→45.3%と回を追うごとに漸減している。代わりにシェアを拡大しているのは、2位のクエチアピンと3位のアリピプラゾール。クエチアピンは19.0%→20.0%→24.7%、アリピプラゾールは8.3%→9.4%→15.4%と、それぞれ少しずつ支持を増やし続けている。

図1 日経メディカル Onlineの医師会員が最もよく処方する非定型抗精神病薬(処方経験のない1406人を除いて作成)

連載の紹介

NMO処方サーベイ
NMO処方サーベイでは、日経メディカル Onlineの医師会員を対象に毎週実施している調査の結果を基に、全国の医師がどのような薬剤を最もよく処方しているのか、また、その理由をご紹介します。医師会員の先生方は、ぜひ調査にご参加の上、NMO処方サーベイの結果を日々の診療にお役立てください。

→医療・医薬関係者向け『日経メディカル処方薬事典』はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ